カロムとは?

 

カロムは12世紀にエジプトで生まれたと言われている、全て木製のボードゲームで、日本のカロムは右記写真のような形状をしています。

サイズは盤面内寸で60cm角のものが一般的です。

 

カロムはエジプトから世界中に伝承され、世界各国に類似した形状・名称のゲームとして広く親しまれています。

 

日本では明治末期に宣教師が持ち込み、一時は日本各地に広まったようですが、滋賀県の彦根市だけには今も定着していて、どこの家にもあり、カロムを知らない人がいないほど普及しています。

 

カロムは、2人または4人で遊ぶ競技型の元祖ボードゲームです。
2色の玉があり、自分の色の手玉でコーナーのポケットに早く入れることを競います。

 

手玉をコーナーに入れるとペナルティが発生するスリルもあり、ワクワク・ドキドキ感にあふれ、とても盛り上がります。

 

ルールが極めて簡単なこともあり、こどもから高齢者まで同じレベルで楽しめるので、世代を超えた絆作りやコミュニケーションツールとして、貴重なゲームといえます。



カロムのプレイシーン