カロムの歴史


日本のカロム (文責:杉原正樹)

 

カロムは四隅にポケット(穴)がある正方形の盤上で、扁平な円筒形の玉を指で弾きながら行うビリヤードに似たボードゲームである。

キャロム、カランボ、カロン、康楽球(カーロンチュー)など名称やルールは少しずつ異なるが、ボードの形状や遊び方は似ていて地球上の様々な国でカロムは存在している。

 

日本のカロムについては、3種類の系統があることが判っている。

ひとつは、日本の登山家が日本に持ち帰り遊んだチベットやネパールなどインド亜大陸のカロムである。ポケットは円形で、彦根のカロムに馴染んでいる者にとっては、随分と小さく感じるに違いない。

現在、世界選手権大会の公式ボードの基本デザインは、これらインド亜大陸のカロムボードのデザインが基本になっている。

世界選手権公認ボードは、約74センチ四方で四隅に直径4・45センチの円形のポケットがある。

 

次に、盤面にチェックの模様が描かれているカロムである。

このカロムは商社やメーカーが海外から輸入し、日本に紹介したものだ。

「美津濃」(現 美津濃株式会社)発行の大正6年(1917)のパンフレットに「ホッケット玉ハジキ」という名前で掲載されている。 

実は、日本全国に普及し遊ばれたカロムとは、このチェックの模様がある系統のカロムなのである。

このチェックの模様のカロム盤は、何種類かのゲームを楽しむことができる複合ゲーム盤として普及し、現在でも同じようなボードゲームがアメリカ、日本で販売されている。

昭和30年代には東京のデパートで購入することができ、かつて南極観測のレクレーションにも採用されている。

 

そして、彦根で100年以上遊び継がれたカロムである。

登山家が持ち帰ったカロムやチェックの模様のあるカロムとはルールも盤の雰囲気も大きく異なっている。

自家製の彦根のカロム盤には、裏面に所有者や制作年月日の墨書が残っているものがある。

大正から昭和初期にかけての記載が多く、現在見つかっている最も古い墨書は「大正二年」、更に「一円十銭」と購入代金も記されている。

日本では、ライフスタイルの変化と共に、カロムは徐々に姿を消していくが、彦根では正月や地蔵盆などには必ず登場し、ビー玉やメンコと同じように普段の暮らしの中で遊び継がれていった。

そして、「かつて全国で遊ばれていたゲームならば、彦根のチャンピオンは日本のチャンピオンだ」と始まったのが、「第1回カロム日本選手権大会」(1988年8月28日・社団法人彦根青年会議所主催)である。

 


世界のカロム (日本カロム協会HPより抜粋)

キャロム

アメリカ

マレーシアカロム

マレーシア


クロッキン・クール

カナダ

キーラム

チベット


キャロムゲーム

イギリス

康楽棋

 

 (カーロンチュウ)

中国


スヌーカー

インド

南極キャロム

 

南極・昭和基地


パキスタンカロム

パキスタン

昭和初期のカロン

日本・彦根


ゼーコン

ミャンマー

大正・昭和のカロム

日本・彦根


カロンボール

ネパール

日本カロム協会の

 公認カロム盤

 

日本・彦根

日本カロム協会


カランボーラ

インドネシア

みんなともだちカロム

日本・いわき

C1グランプリ事務局



昭和時代に岩手県で遊ばれていた闘球盤

 

彦根やいわきのカロムと違い、玉がドーナツ形という特徴があり、穴に指を入れてはじきます。


盛岡の手沢製作所さんが作っておられた闘球盤です。(残念ながら今は廃版になっています)

サイズは71cm71cm。赤・青それぞれ10個。
ポップな感じで、南極キャロムにも近いですね。

花巻の千田木工所さんで作られている投球盤で、サイズは大小の二種類。
90cm×90cm と 60cm60cm

パックの数は赤・緑それぞれ11個です。

雫石の相沢木工所さんで作られている投球で、

サイズは二種類。
80cm×80cm と 70cm70cm

パックの数は赤・緑それぞれ11個です。



 

南極キャロム

 

南極観測船・ふじや昭和基地に持ち込まれていたカロムは「南極キャロム」と呼ばれています。

 

カラフルなデザインで、遊べることが限られていた船上や基地で、隊員たちの心を癒す存在だったのでしょうね。

この盤は、今では製造元が廃盤にしているようで、残念ながら購入することはできません。



彦根カロム と いわきカロム

 

いま日本で作られているカロムもいろいろありますが、主流としては「彦根」「いわき」のカロムがあります。

 

彦根では明治末期からカロムが広まり、30年ほど前に彦根の青年会議所が「日本カロム協会」を設立し、毎年、カロム日本選手権大会
を開催しています。
また協会公認のロゴマークも決められ、彦根のカロム盤にはそのマークがプリントされ、公認盤とされています。

いわきでは東日本大震災のあとに、被災地の子供たちの笑顔と地域の木工産業の振興を目的に、「みんなともだちカロム」という可愛い

デザインのカロムが開発されました。
センターには2つの輪が描かれていて、初心者の方には赤と緑のパック6個ずつで遊べるような工夫もされています。